Hey!Say!JUMP『キミアトラクション』特典DVD感想②

前記事のつづき。

 

初回盤2: Video Clip (Dance Ver.) & Making

Video Clip

  • これが欲しかった!ついにJUMPちゃんのダンスショットMV!遅すぎる!だがすばらしいタイミング!もともとハロプロ方面からアイドルに入っていったので、つくづくJUMPちゃんのダンスショットがないのが勿体ないと思っていた。通常MVでふわふわメルヘン世界一キュートなJUMPちゃんをアッピールしてからの、ダンスショットでJUMPちゃんのスキルアイドルっぷりを見せつける。ほんとうにほんとうに素晴らしい。
  • 冒頭のダンスが見るたびに好きだ。これからとっても楽しいことが始まるのだ!というワクワク感が凝縮されている。
  • 「綺麗な目 なびく髪」のゆとちねは人類の至宝。世界遺産。ゆとちねのジャニーズグループ内最大身長差(おそらく)のシンメトリーが大好物。こんなに身長差があるのにかわいいのベクトルが完全に合致している。妖精ゆとちねを綿菓子のなかで眠らせたい。
  • サビのダンスは前列左右のいのちね、ありゆとが別の動きをしているところがおもしろい。新鮮な組み合わせだし、女の子のようなキュートさと少年っぽいパワフルなキュートさがそれぞれ楽しめる。
  • ウィークエンダーからJUMPに入った身としては、サビ終わりのひかゆとシンメがたまらない。スタイリッシュな雰囲気を持つふたりなので、絵面が引き締まる感覚がある。
  • 長めのおリボンが裕翔りんの元気いっぱいのダンスに合わせて揺れるのがひどくかわいらしい。
  • 「わがままも許せちゃう」のたかひかソーキュート!この組み合わせはあまり見かけられないように感じるが、これから推していきたい。
  • 「君がナンバーワン」のフォーメーション移動がこのダンスショットのクライマックス。台詞を言うメンバーがじわじわ前に出てきて言い終るとじわじわ後ろに下がっていくのになんともおかしみがある。個人的には台詞待ちの有岡さんのポーズがいちいち格好良くて惚れ惚れしてしまう。
  • 裕翔りんがその長い脚を伸ばしてわりと無理やりな移動をしている。おそらくわたしが裕翔りんばかり見ているせいでそう感じるのだろうが、裕翔りんは結構な大移動を任されることがしばしばあって、そのときのダイナミックな裕翔りんの動きがとても好きだ。
  • みんなに持ち上げられる山田さんがとてもかわいい。これが振付の一部だということがとてもかわいい。
  • 知念さんのアクロバット……知念さんの……アクロバット……ひえええええええかっこいいいいいいいい知念さんかっこいいいいいいいいいいいわたしはかっこいい知念さんが大好きだとてもとても大好きだ!もっと知念さんにアクロバットをやってほしい!毎回やってほしい!
  • キャッキャウフフとジェットコースターなどをやっていたJUMPちゃんがいきなりCメロでガッツリかっこいいダンスを決めてくる。しかもそのパート割はやまゆとやぶひか。ほんとうにJUMPちゃんが天下を獲るために計算し尽くされた楽曲。
  • やっぱり知念さんがナンバーワン♡
  • 最後光くんが片膝を立てる王子様ポーズなのに対し、裕翔りんがすごいヤンキー座りをしている。裕翔りんならなんでもかっこいい。

 

 Making

  • ダンスショットがすばらしいのはもちろんのこと、メイキングでさらに色々な角度からダンスを見せてくれる。贅の限りを尽くされている。
  • 「君がナンバーワン」の裕翔りんから薮様の流れ高貴すぎませんこと?
  • 階段のところで前髪を撫でる知念さん格好良すぎてうっとりするのに、そのあと伊野尾さんに挨拶する声が完全におばあちゃま。
  • 撮影前から既に小芝居に入っている美しい裕翔りん。こうしていつもメンバーやスタッフさんを和ませてくださるのだろう。
  • カットがかかっていきなりキレの良いマイケルのポーズをする裕翔りん、を完膚無きまでにスルーするJUMPの面々。裕翔りんがとても美しく、かつへんてこりんだということがとても尊い。神よ、こんなにチャーミングな男の子をこの穢れ多き地上へ降ろしてくださったことに感謝します。
  • 送風機?で涼みながら戯れるいのたか。癒される。このふたりの独特の距離感はたまらない、熱心なファンがいるのも頷ける。
  • 「加速して急旋回」であまり急旋回していないゅぅゃかわいすぎかよ。
  • JUMPちゃんを撮影するクレーンを撮影しながらスタッフさんに感謝を口になさる裕翔りん。尊い。
  • 腕組みをしVを見て真剣に意見を交わす裕翔りんのなんと絵になることか。これだけで映画のワンシーンのように決まっている。
  • 何度も繰り返されるダンスにそろそろオタクも疲れてくる。もちろんJUMPちゃん本人たちとは比較にならないが、疲労感を疑似体験することができる稀有なメイキングである。疲弊しながらも笑顔でアイドルに努めるJUMPちゃん素敵。
  • 「やっと夏も終わったのに……」のゅぅゃの声が非常に色っぽい。どうかゅぅゃにはやく舞台仕事を!
  • 裕翔りんが「セブンだ!」って言ったところでもう泣けてくる。
  • ピース&ウインクするケイティーかわいい!かわいい!
  • 「中島裕翔です」の裕翔りんのお声が甘フワすぎる。
  • 自己紹介の最後を山田さんに回す裕翔りんが泣けるし山田さんにブルドッグと言われてふごふごする裕翔りんがかわいいし「圭人は?圭人は?」ときく圭人りんがかわいいしドラミングからの流れも全部かわいいしで脳みそが追いつかない。
  • 裕翔りん「ちょっと自傷自傷してんでしょ」
  • 映っていないところで再び「アウッ!」が聞こえる。
  • ご主人山田さんとその番犬裕翔りん。どっしり構えている山田さん格好良いしその肩に手をのっけて待機している番犬りんの健気さ。ご主人様を守れなくて律儀に謝る番犬りん。
  • 「あいつら子どもだろ」と自らフリを入れて裕翔りんに絡む光くん。裕翔りんは自分からはグイグイ絡んで反応なくても楽しそうにしているのに、いざメンバーからグイグイ来られると照れるのかちっとも絡み返せないところがとってもとっても奥ゆかしくて愛らしい。
  • 裕翔りんカメラの前でリサイタルする知念さんの歌声がとても格好良い。そういう歌いかたも見せてほしい。
  • ゆとちねは人類の至宝(本日二度目)。
  • 休憩中にもはしゃぐセブンちゃん+有岡さん。天使のたわむれ。
  • トリオちゃんは生命の奇跡
  • ホラーみを帯びる裕翔りん。
  • 自分の「君がナンバーワンだ!」でカッと目を開く有岡さん格好良い。それを見て微笑むゅぅゃ。守りたい、君のその笑顔。
  • 光くんの顔芸は実におもしろいからずるい。そもそもの顔の造形がファニーであるからずるい(褒めてる)。
  • カメラを覗き込むありゆとの距離の近さ。ふたりまとめてギュッとしてモフモフしたくなる。
  • 山田さんはコメディアンとしても非常に優秀である。そして誰よりも完璧に王子である。死角のない男かっこいい。

 

 

なんとボリューミーで多幸感に満ち溢れた映像であろうか。エデンはここにあった。

アイドルたちが無邪気にたわむれたり、身を削って作品を作っていたりする姿は、すべてがこのうえなく崇高である。ジャニーズのメイキング等をきちんと見たのも無論初めてのことであったが、毎度こんなにも愛おしさを生産し続けていたらわたしの身が持たない。いったいどうしてくれるというのだ。いや、どうもしてくれるな。これからいっそう磨かれてゆくであろう輝かしさと尊さでわたしをホルマリン漬けにしてほしい。

今回のシングルはカップリング曲も揃って秀作であり、MV含め全体的な評価も芳しいようだ。初めて購入したシングルがかように素晴らしいものであることを喜ばしく思う。Hey!Say!JUMPの未来に称賛を。中島裕翔の美しさに祝福を。

Hey!Say!JUMP『キミアトラクション』特典DVD感想①

Hey!Say!JUMPというグループは、溶接されたように固いわたしの財布の紐をたちまちシラタキの如くふにゃふにゃに解いてしまった。

『キミアトラクション』はわたしにとって、ジャニーズではじめて発売と同時(フラゲ日)に購入したCDであり、なおかつ、人生ではじめて複数形態の全種買いを敢行した記念すべきCDとなった。そんなことはジャニーズ人生すごろくの中でいえばお宮参りをしたとかお食い初めをしたとかそういうレベルのお話であるが、成人した後にジャニーズファンとしての産声を上げ、鉛のような足を引き摺りまる一年かけてようやく漕ぎ着けた、わたしにとっての歴史的一歩であることをご理解いただきたい。

そんなわけで感動的なお食い初めを終えたわたしはいささか興奮気味にその感想を語らなければならない次第だ。アイドル文化に対する素養がしかしまるでないため、ひとまずこの記事ではかわいいかわいいJUMPちゃん(とりわけ、推しの中島裕翔りん)のかわいいかわいい映像をひたすらかわいいかわいいと言葉に置き換えていくだけの作業を繰り返す、わたしにできることはそれのみである。赤子をヨシヨシとあやすような心持ちでお読みいただければこれ幸い。

 

初回盤1: Video Clip & Making

Video Clip

  • 幕が開き次々と登場するJUMPちゃんもとい美しき王子たち。ポーズがそれぞれにかわいらしいが、ファンキーでない光くんに心くすぐられる。初っ端から裕翔殿下のご様子がおかしい。
  • 有岡くんが出てくると、どうしてこうも自動的に口角が上がってしまうのだろう。微笑みへの強制連行。
  • 「嘘みたいな落下速度だ」でしゃがみながらくるりと回り、自分のソロパートのために他のメンバーよりもしゃんと立ちあがる裕翔りんの凛々しいことといったら。前髪が一束こぼれるのも趣ぶかい。
  • 今をときめく正統派爽やかハンサム若手俳優こと中島裕翔が「ラブフリーフォール♡」などと歌いながら手でハートを作り踊っているという圧倒的な事実にくらくらする。刑事バレリーノ、とてもとても楽しみにしています。
  • 「ドキッ!」のみんなのお顔がハイパーミラクルウルトラキュートでじたばたせずにいられない。なぜか「深刻そう」な表情をしている圭人りん含め。
  • ゅぅゃの髪色と髪型がとても好きだ。普遍的チャラさはそのままに、メルヘンな世界観にぴったりのミルクティー色にゆるふわ内巻きのウェーブ。
  • 「そばにいるけど」のひかけとは何度見たって良い。何度でも良い。
  • お好み焼いてオモロなる後遺症で、山田さんがマイク代わりにしたケーキサーバー?がどうしてもコテに見えてしまう。
  • いのありちねの神々しいまでのキュートさに拝む。三人がサビで入れ替わるたびに拝む。お賽銭投げたい系アイドル。
  • その昔、マカロンストラップやらケーキストラップやら流行ったことがあったけれども、もうJUMPちゃんたち自身がスイーツストラップみたいな……キラキラメルヘンゲロ甘キュート……えっこんなにかわいくておいしそうなのに食べられないの……?もう自分がいったい何を言っているのかよくわからなくなってきた……。
  • ひかけとおんぶ???!!!???!!!めっちゃたのしそうでかわいいけども?!??!?!?!!!!??このあたりからひかけとの様子がおかしいことに気づきはじめる。
  • カードをばらまく裕翔りんの圧倒的キュートさ
  • 「君がナンバーワンだ!!!」の有岡先輩さんほんとうに格好良くて毎度しびれる。
  • 裕翔りんのへんてこりんな挙動がたくさん映っている。なんとピュアな。なんと愛らしい。裕翔りんがへんてこりんだということはとても良いことである。
  • 「さあ覚悟を決めて」の光くんはわたしの好物である最高に格好良い光くんで大満足。はしゃいでポーズを真似する無邪気な裕翔りんを含めるともう満足度ナンバーワンである。君たちがナンバーワン。
  • 裕翔りんのへんてこりんな挙動がたくさん映っている。裕翔りんがへんてこりんだということはとても……うん……。
  • 電車ごっこをするJUMPちゃんを凍結保存して地球が滅んだあとも永久に残したい。
  • ナナナナ~のところの両手をバンザイする振付、知念さんの腕が短くってとってもプリティであるといっぽうダンスがキレッキレで混乱する。
  • やっぱり知念さまがナンバーワン。これが宇宙的真理。

Making

  • いきなり伊野尾さん。伊野尾さんはほんとうに凄い。マイペースっぷりはそのままに、姿かたちはバッチリかわいい売りに焦点絞って寸分の狂いなくド真ん中ブチ抜いてくる。かっこいい。
  • ピンクの靴下履く有岡先輩さんの格好良さが生々し過ぎて泣きそうになった。怖い。格好良すぎて怖い。
  • 山田さんの金髪はじつにファンタジックではらはらする。絵本から飛び出してきた山田さんはこのまま現世に留まっていたら死んでしまうのではないかとすら思う。
  • ポーズが決まらなくてニコニコしている薮おじさん大好き。
  • かなり朝が早いようであるが裕翔りんは最初から完璧に美しい。ゅぅゃに拍手を送っているときのお顔からすでに完成されている。美しさが透きとおっている。
  • それだのにいきなり挙動がおかしい。太陽のような笑顔。好きだ。裕翔りんが生き生きと楽しそうにアイドルしているだけで何憶の魂が救われることだろう。
  • とりんとりんイズピースフル。ピースフルイズとりんとりん。
  • 今回のPVをひかとりんセットにした人にお歳暮を送りたい。とりんとりんもひかけともひかゆとも大好きなんだ。モニターの前で談笑するひかゆとがシュッとしていて男の子っぽくてたまらない。
  • 頭にお花を添えたゅぅゃと圭人りんがとっても似合っていてかわいらしい。と同時に、男の頭にお花をつけるという発想がダブってしまうちょっとアレなやぶゆと兄弟もほほえましい。
  • Vチェックをする薮様のうしろで今回イチの奇行を繰り広げる裕翔りん。椅子かなにかが倒れてもお構いなしにバタバタ暴れなさる。大きなお尻がぷりぷりしていてとても愛らしい。裕翔りんのお尻はジャニーズで二番目に素敵(一番素敵なお尻は田口淳之介さん)。それにしても何の動きをしてらっしゃるのだろうか。ほんとうに奇ッ怪このうえない。かわいい。
  • とりんとりんのロボットコントを見たわたしは、危うくふたりの精悍な天使ちゃんによって魂をあちらに持って行かれそうになった。圭人りんのねじを締める裕翔りんの真剣な麗しい表情に、スタッフさんと思われる人が「スネアのチューニングするより一生懸命やってるな」とのコメント。是が非でもスネアのチューニングをする裕翔りんをコンサートのメイキングで拝みたいものである。
  • 頭のねじを締めたあと、崩れた圭人りんの髪を指先でふわふわっと直してあげる裕翔りん。「廃棄だな」という非道極まりない台詞を吐かれてもにこにこ笑っている圭人りん。尊い。これを尊いと言わずして何とする。とりんとりんの天使力に全米が泣いた
  • そのあとゅぅゃのねじも締めようとする裕翔りん、「やめろ!まだそんなテンションじゃない」と拒否される。迫る裕翔りんを手で抑えるゅぅゃの図がすばらしくほほえましい。
  • 例のいのありカップルコント。伊野尾さんは適当でふてぶてしくて愉快な発言がお得意なのに、いざ絡まれると照れてあまり鋭く返せないのがかわいらしいところだと思っている。伊野尾さんの肩や顔をガシッと捕まえる有岡先輩さんの力強い腕がほんとうに生々しくてまた泣けてくる。怖い。怖すぎる。有岡担はこんなの見せられて正気を保っていられるのだろうか?
  • もっぱらごめんだよ!
  • それを間近で撮影してコロコロおもしろがっている裕翔りん。こんなにくだらないコントなのに感想がやけに生真面目なところもほんとうに素敵。
  • ゆとやまリップ撮影。ゆとやまツートップ厨はこのショットのみで省エネぽっかぽか。
  • やぶいのちねのクレバートリオが繰り出すしょうもなさMAXギャグに癒される。
  •  JUMPちゃんが手にする華奢でかわいらしいお靴たちは、わたしはどれひとつとして履けそうにもないけれども、これだけ言っておく。わたしはギンガムチェックがとても好きだ。
  • 裕翔りんのうっとりとした表情の優美なこと。
  • やぶゆとおんぶ。ひかけと兄弟とやぶゆと兄弟両方のおんぶが詰まっているなんて……しかもどちらも弟が兄を負ぶっているだなんて……もうすぐ地球に隕石が降ってきたりしないかしらん……。
  • 「さあ覚悟を決めて」でキレッキレな裕翔りんに爆笑しているゅぅゃと山田さんがほんとうにかわいい。ゅぅゃはよく裕翔りんのへんてこりんな挙動に笑ってくれるし、ゅぅゃの笑顔そのものがとってもチャーミングでもっともっと笑ってほしくなる。ゅぅゃを笑わせ隊。
  • 電車ごっこをするJUMPちゃんを以下略。
  • 机の前に出てのショットでもひかけと爆弾炸裂。「そばにいるけど」で肩をギュッとしてきた圭人りんに振り向いた光さんの、あの表情!!照れたような嬉しいような、とにかくふにゃんととろけてしまいそうな表情!!それをVで見るひかけとの表情もなんともいえない。ひかけとに何かが起こっている。
  • 「加速して急旋回」でくるくる回る裕翔りんの可憐なことよ。そのあとの「君がナンバーワン」の女子ドルっぽいポーズがあざとい。
  • 正座してまったりする山田さん、なんだか良い。個人的な印象であるが今回の山田さんは非常に影が薄かったように感じられる。もちろん圧倒的センターであることに変わりはないのだが、でも山田さんがしぜんと後ろのほうに溶け込めるというのはグループにとって良いことなのであろう。
  • 光くんの仕込んでいるネタを把握していて「声出ないみたいじゃん」とかフリをする圭人りん。置いてけぼりにされる圭人りんの後ろに保護者のように一人だけ残る光くん。そろそろ混乱してきた。ひかけとに何かが起こっている。
  • 「きいてねー!!みんないっぱいきいてねー!!!」と手を振るゅぅゃが愛おしくってすごくどきどきした。いっぱいきく!いっぱいきくよ!

 

前半戦終了、こはいかに。これでも裕翔りんの奇行のうち半分くらいしか書き上げられていない。思いがけず続きます。

はじめてのジャニコン ―『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2014 smart』DVD雑感②

ずいぶんと書き連ねてしまったので、Disc2の感想はこちらに。

このコンサートが好きすぎて感想書き上げるまでに10回はリピートしてしまった。ダイジェストということもあってか良曲ばかり。

 

Disc2…Live with me in 東京ドーム

・Ride With Me。空中ステージに乗ってじわじわ出てくる演出かっこいい。踊らないRWMも新鮮。

・黒髪裕翔さんの息を呑むような美しさ。もともと金髪裕翔りんから入ったわたし、また金髪にしてくんねーかなーなんて言ったりしていたけれども、やはり黒髪のほうが裕翔りんの上質な美貌を引き立たせる。かっちりめのモノトーンなお衣裳もとても似合っている。裕翔りん以上に詰襟が似合うひとはいない。

・フェミニンふわふわヘアーしか見たことがない新規なので、伊野尾さんの短髪が新鮮。伊野尾さんのほっそりしたバランスのよいスタイルが際立ってとても好みだ。

・Come On A My House。JUMPちゃんたちJUMPJUMPするたびに空中ステージが揺れまくるのではらはらする。そんな端っこに立ったら危ないよーーーと過保護する。

・WESTさんは賑やかな曲だとおふざけ合戦になるところがあるが、JUMPちゃんはこんな楽しい曲でもあまりおふざけしない。真面目かわいい。チューチュートレインだけはやけにキレイ。

・Time。シリアスで焦燥感のあるジャニーズらしい良曲。ゅぅゃの声がほんとうにイケメンボイスの具現化というかんじで格好良い。

・担当さんにはあまり評判良くないのかなと思うけれども、圭人りんの茶髪が好きでな。似合っていると思う。

・Beat Line。smartコンと比較すると、配置が散り散りになっているのでやぶゆとのシンメ感がなく残念だが、ラストサビ前の裕翔りんのセンター感が堪能できるのはこちら。

・やっぱり知念さんの回し蹴りは最高に格好良くて何度も惚れ直すし、有岡さんはたっぷりふわふわヘアーなのに意味わからないくらい肉食。奴はテディベアの皮を被ったライオン。

・Together Forever。5月のライブのはずなのに粉雪とか歌ってる。ここでステージの形状に気がつく。外周がハート型になっていてその中にセンターステージが十字に入っている。この歌の効果のせいでなんだか重たい。

・GET!!。以前ツイッターで「格好良い知念さんをください」と喚いていたらフォロワーさんがお勧めしてくださったのがこの曲。期待を裏切らない最高さ。

・7ちゃん全員ピンク衣装似合い過ぎ問題。

・何度も申し訳ないが裕翔りんのパートについてポエムさせてほしい。「未来探して僕らは動き出した 答えは遠くてまだ少し不安だけど」と歌い上げる中島裕翔。エモーショナルなメロディーラインとエモーショナルな歌詞が畳み掛けてきてたまらなくぐっとくる。それはマットで甘やかな裕翔りんの最高級の声質によって包み込まれ、上品な爽やかさとうっとりするような切なさを生んでいる。素直で伸びやかな母音の発音がフェチズムをとことん擽ってくる。

・ジャニーズらしいダンスをする7ちゃん。最近のJUMPのダンスはジャニーズらしさから少しはみ出たところで戦っているから、逆になんだか新鮮で楽しい。BESTコーナーも然り。JUMPの王道さが際立つ。

 ・Oh!My Jelly!~僕らはOK~。冒頭の飛び跳ねる知念さんが控えめに言っても格好良すぎる。男らしくハリのある歌声が大好き。

・裕翔さんのやわらかな声質について散々褒めちぎったあとでこれがきたのでひっくり返った。なんだこれずるい。こんな声色も出せるなんて中島裕翔ずるい。心臓に悪いから控えめにしてほしい。でも聴きたい。

・とりんとりんはほんとうに軽率に癒される。

・ぎゅぎゅっとする7ちゃんのかわいらしさは地球を救う。裕翔りんは冷静に考えたらあんなにデカいのになんでこんなにきゅるんきゅるんしているんだ。

・スギルセツナ。これは大丈夫なんだろうか。なにが大丈夫かって、BESTがこんなにもスマートで格好良いところが世間にバレちゃっても大丈夫なんだろうか。しっとりとした大人の格好良さを表現できるBESTの能力の高さが露見しちゃっても大丈夫なんだろうか。

・薮様のお衣装に無駄なひらひらした布をつけた人に豪華なお歳暮贈りたい。とにかく歌唱からダンスから細部に至るまで薮様が格好良い。

・「No more lonely heart」のゅぅゃが良い声すぎて毎度寒気がするレベル。きっとディズニープリンスが画面から飛び出してきたんだ。きっとそうだ。ぜひミュージカルのお仕事やってほしい。

・モテたいコントが普通におもしろい。圭人りんの真面目オモシロカワイイ才能が遺憾なく発揮されている。

・ス・リ・ル。ジャジーですげー格好良い曲。光くんの歌唱にとても合っている。なのに途中からブチ壊されるの最高に楽しい。

・伊野尾さんのプリケツがなまめかしい。

・桜、咲いたよ。BESTのおふざけのあとにガチのストレートなピュアさをぶつけてくる7ちゃんにクラクラする。

 ・School Girl。とにかくはしゃいでるsmartコンもかわいかったけれど、かっちりめの衣装できっちり踊ってくれるこちらも良い。アイドルは笑顔でいるのが一番だなって改めて思い起こさせてくれる曲。

・JUMP=カワイイの図式は定着しているけれど、3人が飛びぬけてちんまりしているのであって、他の5人は普通にお兄さん体型なんですよね。なのに一人残らず隅から隅まで完璧にカワイイ。これを奇跡と言わずしてなんとする。

・切なさ、ひきかえに。これもわりとしっかり踊ってくれている。ソロパートの後ろで踊る他メンバーのシリアスな表情がたまらない。裕翔さんのお美しさをご覧になりまして?

・Go To The Future!。伊野尾さんが衣装似合いすぎていて、なおかつトボけた表情でしれっとキーボードを弾きやがる。伊野尾がカワイイ腹が立つ状態。

・JUMPバンドにも慣れてきて、こういう曲も良いなあとアッサリ寝返る。圭人りんの無表情ギターソロがイケメている。

・FOREVER。最初衣装のゴチャゴチャっぷりに首を傾げたが、見慣れるとそれぞれキャラクターに合ったデザインになっていて楽しい。特効がたくさんでよりKAT-TUN臭が増している。とにかく格好良い。

・裕翔りんのお衣装を考案した人に泣いてひれ伏したい。裕翔りんの腕のなまめかしさが引き立つ半袖+グローブに、裕翔りんが動くたび美しく翻るひらひらした羽織り。素晴らしいの一言である。インナーが短ければ尚良かったけれど、チュニック丈だと裕翔りんの下半身のキュートさが強調されることが判明したのでオーライ。

・裕翔りんのソロでは前記事でも言及した、下々の者たちを見おろすような裕翔りんの最強の表情がたっぷり堪能できる。なんと絶望的に美しい天使さま。それだのに「輝くMorning 包まれるように」の艶っぽさといったら背徳的すぎる。

・最初のソロでは瞳孔カッ開いた狂気の皇帝薮宏太様なのに、その後のソロではただのニコニコおじさんになっている。たまらない。

 ・真紅。ダークな曲調なのにラテンっぽさもあって癖になる曲。それにしても山田さんの歌声のオールマイティっぷりには驚いてばかりである。曲ごとに表情を変えて雰囲気をバッチリ作っていく、まさにグループのセンターとして理想的な歌声。

・メインステージに戻っていくとき、跳ねながらくるりと回り裾を翻らせる裕翔りんの少女性。

・僕はVampire。まさかその衣装のままだとは思わなかった。カラフルな炎が出たり、ドームの天井にコウモリが映ったりするのがトンチキで良い。So Burn! Burn! 破裂しまくってる。

・伊野尾さんにスカートを履かせ帽子を被らせた人に以下略

・ペンライトの演出がこそばゆ過ぎて、果たしてわたしのような完全無欠の喪女がジャニーズのコンサートに行けるのかどうかますます不安になってきた。

・AinoArika。ほっぺチューからのおんぶからのハイタッチな山田さんと裕翔りんはどこの泣ける深夜アニメですか。それを見てニコニコ笑うメンバーたちまで含めて流れがあまりにも完璧すぎてクサすぎて、ちょっとアニメ全体のバランスが崩れちゃうんじゃないですかね。あれ?これ三次元だった?三次元は二次元よりも奇なり。

 ・それにしてもいい歌だ。

・スクール革命。ラストはいつもこの曲なのだろうか、JUMPちゃんらしくポップに終わるのとても良い。

・伊野尾さんと有岡さんはほんとうに仲良しなんだなあ。男子大学生ノリでほほえましい。

・知念さんの髪をくしゃっとする薮様にきゅんとした。とてもカワイイのでもっとこの二人の絡みが見たい。

 

総括。はじめて見たジャニーズのコンサートは麻薬のような楽しさでまさに胸がいっぱいである。「なんだこれは?!」というトンチキさすらスパイスに、カワイイもカッコイイも美しいもおもしろいも自分たちのものにしてくJUMPちゃん。全身全霊で歌い踊るまっすぐなアイドルJUMPちゃん。

JUMPの特徴はなんといっても9人という大所帯。もちろんそれがフォーメーションダンスなどに活かされているということは新規ながら重々承知していたが、このDVDを見て、個性のバリエーションという面でも強みがあるなあと感じた。得意とする武器が重なり合いつつそれぞれ違っているために、メインメンバーを変えることでガラッと雰囲気の違う曲も無理なく表現することができる。そしてその中心には常に、何にでもなれるオールマイティアイドル山田涼介さんがいる。これぞ究極のアイドルグループ。天下を取って然るべきアイドルグループである。

Hey!Say!JUMPの輝かしい未来に乾杯!

 

はじめてのジャニコン ―『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2014 smart』DVD雑感①

ついに、どうにかして、やっとこさ、ほんとうにジャニーズのコンサートDVDを購入してしまった。一年前の自分には想像もできまい、よもや自分がジャニーズアイドルのDVDを購入する羽目になろうとは、ましてやそれがHey!Say!JUMPのものであろうとは、そしてその感想を、いつかとは思いながらもグズグズ先送りにしていたブログの、最初の記事に書くことになろうとは!まさに奇奇怪怪!

 

というわけで人生初のジャニコンDVD『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2014 smart』の感想を垂れ流す前に、言い訳がましく、筆者のスペックを簡単に紹介させていただく。

20代女。ここ数年二次元オタクをやっていたが、どうしたことか昨年晩秋ジャニーズに転がり落ちる。あっちへこっちへ目移りしながらジャニーズWEST中間淳太さんのファンをしばらくやっているが、この夏のJUMPの勢いと、中島裕翔さんの当世一の美貌に圧倒されてしまい現在に至る。

因みにジャニーズのコンサートには参加したことがない。そもそも歌手のコンサートやライブに行った回数は両手で数えきれるかどうかといったレベル。唯一持っているアイドルのDVDは『Berryz工房ラストコンサート2015 Berryz工房行くべぇ~!』。おまけにJUMPの楽曲も最近のシングルと『smart』アルバムしか把握できていないありさま。とんでもないよちよちっぷりであるが、そういうニワカの視点にご興味のある奇特なかたにサンプルのひとつとしてお読みいただければこれ幸い。感じたことを箇条書きにしただけのものなので、DVD未見のかたにとっては親切でない内容となっております。


Disc1…LIVE TOUR 2014 smart in 横浜アリーナ

・オープニング。smartというタイトルにしては思いのほかポップ。JUMPの最高レベルの顔面が惜しげも無くどアップにされる。

・Ready Go。ぴょんぴょんJUMPちゃんががんばって低い声で煽っている。驚いたがほほえましい。

・きんきらきんのお衣装にお顔の負けないきらきらJUMPちゃん、とても似合っているけれども腰のひらひらだけはどうしても解せない。尻フェチにとっては死活問題。

・Come On A My House。とりんとりんは常に愛おしい。視線がすれ違っていてさらに愛おしい。

・わたしが初めて出会った裕翔さんは金髪の裕翔さんであるが、すっと立っているだけでこの上なく華やかで麗しい。それだのに動きが珍妙。

・SUPER DELICATE。金髪の裕翔さんだとあんまりスーパーデリケート感がない。生命力の強い美しさ。……といった具合に裕翔さんの美貌について一挙一動を少ない語彙で言及したくなってしまう。やめたい。やめられない。

・山田さんと裕翔さんの絡みはイチャイチャすらも妙に真面目である。山田さんがちっともあざとくなれない(ならない?)のが面白い。

・Beat Line。やぶゆとシンメの高貴さに迂闊にも崩れ落ちた。王道ファンタジー小説に出てくる北方の小国の王太子と第二王子といった趣き。慈悲を乞いたい系アイドル。

・ドラムソロのあとで回し蹴りをしている知念さんがたまらなく格好良い。買って良かった!

・OUR FUTURE。なんだこの多幸感溢れる曲は。散らばってる9人のどこを見ても好きしかないなんて、会場にいる人たちはいったいどうやって見るところを決めているというのだ。

・カルチャーショックその1。曲の途中でメンバーが抜け、次の曲の準備をするという慣習。突然いなくなったら心配しちゃうだろ!まったく!

・BESTコーナー。みんなダサ眼鏡と髪型がミスマッチで笑えるのに、ゅぅゃと薮様の声がイケメンすぎるせいでギャグのはずなのに目が冴えてしまう。よしていただきたい。

・光くんと有岡さんのコメディー挙動が上手い。

・7コーナー。白スーツの裕翔りんがたいへんに美しい。お尻のラインもたっぷり堪能できる。しかし背中にイニシャルが書いてあるのがJUMPちゃんらしいダサ具合。ハロプロの研修生Tシャツのよう。

・知念さんのお肌のきめ細かさ。

・RELOAD。アルバムの中で一番好きな曲なので期待していたが、初っ端から有岡先輩が有岡先輩でマジたまんない。怖すぎてリア恋なんてできない。

・わたしが言うまでもないことだけれど、「明確な恋どうしたらいい?」の中島裕翔は第一級の芸術品である。裕翔りんの子音の発音フェチとしてもこのフレーズの歌唱はお気に入りなのだが、それに加え帽子を脱ぎ被りなおす気障なしぐさがこんなにも高雅とは。

・瞳のスクリーン。山田さんが出ずっぱりなことに感慨を深める。余談だが、わたしはジャニーズに全く興味のなかった頃からずっとこのイントロをUMPのイントロだと勘違いしていた。それほど印象的だったのだろう。

・OVER。この曲そうとうに妙ちくりんである。しかし嫌いではない。ゾッとするのになんだか気になってしまうアイツ的存在。

・カルチャーショックその2。歌詞演出に気がつく。よく見ているとスクリーンにはほとんど常にカラオケ映像のように歌詞字幕がついている。なんだこれは。いったいなんの意味があるっていうんだ!誰か教えてください!

・Candle。山田さんの重みがJUMPを形づくっていると知る。

・Super Super Night。サイコー。まずメンバーがサイコー。衣装もサイコー。そして何よりディスコ歌謡に目がないので、曲もサイコー。とにかくサイコー。

・薮様のファルセットに度肝を抜かれる。ここいらでようやく薮様の歌唱のすばらしさに気づきはじめる。音源映えする歌声を好きになりがちなので薮様はそれほど……と思っていたがとんでもない。打ち首。

・愛すればもっとハッピーライフ。多幸感がたまらない好きな曲だし衣装もかわいらしいし、なのにあのゆるキャラは一体なんだっていうんだ!真剣に申し上げるけれどもやめたほうがいい。

・School Girl。なんという楽しさかわいらしさ!電車ごっこで先頭になる伊野尾さんがコミカルで良い。

・裕翔さんの奇ッ怪な挙動。裕翔さんはむしろ奇ッ怪なのが通常運行であって、格好良い一面こそが貴重なギャップ部分なのではないだろうかと思う。

・完璧なタイミングで華麗なジャンプを見せる知念さん。とても様になっていて格好良い。

ウィークエンダー。最高。たまらなくこの曲が好きなのだが、なぜ歌番組でもコンサートでもPV衣装で踊らないのだろう。あの衣装がドンピシャで好きなのであれで踊っているところをちゃんと見たい。新規の初回限定版難民の厚かましい願い。

・あの、ええと、知念さんメチャクチャ格好良いんですけれど、あの、無理、なんだこれ。あのーー知念さんがとびきり格好良いということについてもうちょっと早く教えていただきたかった。もっと外に向けて発信したほうがいい。

・ここで初MC?アイドルのコンサートってもっとちょこちょこMC入れるのかと思っていた。MCもまるっとDVD収録してほしい。9人もいるのに誰も突然ふざけたりしない。いい子たち。

・山田さんが有岡さんの前髪にツッコむところがジャニーズっぽくて好き。RELOADのハットは有岡さん考案とわかり、やはり有岡さんには信頼しかない。

・明日へのYELL。水色のロイヤルな王子様衣装の裕翔さん、なんと美しいことか!このお衣裳は黒髪裕翔さんでは見たことがあったけれど、金髪のほうがよりいっそうお似合いである。やはり裕翔さんは記憶をなくした異国の王子様に違いない。そんな絶世の美青年こと裕翔りんをカワイイと評するJUMPのセンスに圧倒的信頼。

・そのとびきりロイヤルな風貌のままドラムソロ。顎を上げて視線を下げる、まるで下界を見おろす冷徹な天使のような表情は裕翔さんの表情のなかでもひときわ好きだ。

・コンパスローズ。JUMPちゃんがこんな典型的なバンドをやっていることに心底驚く。有岡さんのソロがめちゃくちゃにイケメてる。

・Dash!!。裕翔さん作詞だとあとから知る。全力で走ったりぴょんぴょんしている薮様がおかわいらしい。

・Magic Power。JUMPバンドにはこのようなポップ路線を希望する。ビッグバンド的なファンキーサウンドに個性があってなおかつかわいらしい。

・Yes!。圭人さんの英語がとてもイキイキしている。

・光くん、セクシー路線はきっと苦手なのかもしれないけれどとても格好良い。ここまででバレているしれないがわたしは光くんのパフォーマンス全体がまるっと好きだ。信頼している。しかしシャツの下が細すぎてかわいそうになってくる。

・雄也ときどきゅぅゃ。バラエティ番組でのゅぅゃマジゅぅゃなところばかり見ていたため、ゅぅゃの声がほんとうに心底イケメンであることに動揺。

・Oh!アイドル!。大正解。こういうの求めてた。人選もとびきりキュート。センターの圭人さんとても半ズボンが似合うし、真剣なダンスが愛おしい。

・裕翔さんがシュールなくせにオタサーの姫のくせに気持ち悪い。

・なんかマジックショーみたいなものが始まる。裕翔さんと知念さんによる、ジャニーズのグループ内最大の身長差(ですよね?)を活かした前後配置のダンス。最高。たまらん。決めた。わたしはゆとちね推しでいく!

・これがやぶひかというシンメ……。

・FOREVER。KAT-TUN調のクール重い曲。伊野尾さんの二の腕がまぶしい。

・キャー!!知念さん!!キャーー!!大野さんを思わせる歌唱。

・裕翔さんの声は低めでハスキーなのに、こういう曲に乗せるととても繊細な声質であることがわかりやすい。

・Come Back…?。映画音楽のようなドラマチックなイントロが好き。演出も格好良い。

・僕はVampire。こんなにヴァンパイアを連呼するとは知らず、謎の気まずさを覚える。ウィスパーヴァンパイア大賞はやはり山田さんに。

Dreams come true。なるほどこれがファンサ曲というやつだ。JUMPちゃんたちの投げキスにやたらキュンキュンする。ファンサ貰った人って果たして無事に生き延びていられるのだろうか。わたしだったらその場で会場の地中深くに埋まる。ハッピーエンドだ。

・UMP。当時に合わせてか、声のトーンを一気に高くする知念さん。24時間テレビでこの曲に感激したばかりのため、ことさらにエモい。

・明日エルまさかの二回目。やはり中島裕翔なのだ。中島裕翔が美しいためなのだ。そして最後の挨拶でスッとセンターを代わるやまゆと。

・AinoArika。イントロが好きなのだがコンサートでも省略されていることに憤慨。あの後半のフレーズこそが壮大さを一層増幅させるというのに。

・ゆとちね。以上。

・色んなファンサを求めるうちわがよく見える。ジャニオタはみんな健気だ。天井から落ちてくるぴらぴらしたやつを拾ってあげる光くんがとってもかわいい。

・サム&ピンキー。サインボールってやつだ。ひとりにつき三つずつしかないとは。玉を投げた先が映っていなくてホッとした。

・スクール革命。スクールと付く曲が多いのはやはり学生時代の長さゆえか。颯爽と走る圭人さんの爽やかさ。

・薮様の尻の小ささ。

・挨拶時の並び順は固定なのだろうか。トリオが真ん中に並び、両端でやぶひかが固めるのが王道で良い。

・「生まれ変わっても会いにくるよ!」な伊野尾さんが地味に意味わからないけどグッとくるよね。


驚くべきことに、続きます。