読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのジャニコン ―『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2014 smart』DVD雑感②

ずいぶんと書き連ねてしまったので、Disc2の感想はこちらに。

このコンサートが好きすぎて感想書き上げるまでに10回はリピートしてしまった。ダイジェストということもあってか良曲ばかり。

 

Disc2…Live with me in 東京ドーム

・Ride With Me。空中ステージに乗ってじわじわ出てくる演出かっこいい。踊らないRWMも新鮮。

・黒髪裕翔さんの息を呑むような美しさ。もともと金髪裕翔りんから入ったわたし、また金髪にしてくんねーかなーなんて言ったりしていたけれども、やはり黒髪のほうが裕翔りんの上質な美貌を引き立たせる。かっちりめのモノトーンなお衣裳もとても似合っている。裕翔りん以上に詰襟が似合うひとはいない。

・フェミニンふわふわヘアーしか見たことがない新規なので、伊野尾さんの短髪が新鮮。伊野尾さんのほっそりしたバランスのよいスタイルが際立ってとても好みだ。

・Come On A My House。JUMPちゃんたちJUMPJUMPするたびに空中ステージが揺れまくるのではらはらする。そんな端っこに立ったら危ないよーーーと過保護する。

・WESTさんは賑やかな曲だとおふざけ合戦になるところがあるが、JUMPちゃんはこんな楽しい曲でもあまりおふざけしない。真面目かわいい。チューチュートレインだけはやけにキレイ。

・Time。シリアスで焦燥感のあるジャニーズらしい良曲。ゅぅゃの声がほんとうにイケメンボイスの具現化というかんじで格好良い。

・担当さんにはあまり評判良くないのかなと思うけれども、圭人りんの茶髪が好きでな。似合っていると思う。

・Beat Line。smartコンと比較すると、配置が散り散りになっているのでやぶゆとのシンメ感がなく残念だが、ラストサビ前の裕翔りんのセンター感が堪能できるのはこちら。

・やっぱり知念さんの回し蹴りは最高に格好良くて何度も惚れ直すし、有岡さんはたっぷりふわふわヘアーなのに意味わからないくらい肉食。奴はテディベアの皮を被ったライオン。

・Together Forever。5月のライブのはずなのに粉雪とか歌ってる。ここでステージの形状に気がつく。外周がハート型になっていてその中にセンターステージが十字に入っている。この歌の効果のせいでなんだか重たい。

・GET!!。以前ツイッターで「格好良い知念さんをください」と喚いていたらフォロワーさんがお勧めしてくださったのがこの曲。期待を裏切らない最高さ。

・7ちゃん全員ピンク衣装似合い過ぎ問題。

・何度も申し訳ないが裕翔りんのパートについてポエムさせてほしい。「未来探して僕らは動き出した 答えは遠くてまだ少し不安だけど」と歌い上げる中島裕翔。エモーショナルなメロディーラインとエモーショナルな歌詞が畳み掛けてきてたまらなくぐっとくる。それはマットで甘やかな裕翔りんの最高級の声質によって包み込まれ、上品な爽やかさとうっとりするような切なさを生んでいる。素直で伸びやかな母音の発音がフェチズムをとことん擽ってくる。

・ジャニーズらしいダンスをする7ちゃん。最近のJUMPのダンスはジャニーズらしさから少しはみ出たところで戦っているから、逆になんだか新鮮で楽しい。BESTコーナーも然り。JUMPの王道さが際立つ。

 ・Oh!My Jelly!~僕らはOK~。冒頭の飛び跳ねる知念さんが控えめに言っても格好良すぎる。男らしくハリのある歌声が大好き。

・裕翔さんのやわらかな声質について散々褒めちぎったあとでこれがきたのでひっくり返った。なんだこれずるい。こんな声色も出せるなんて中島裕翔ずるい。心臓に悪いから控えめにしてほしい。でも聴きたい。

・とりんとりんはほんとうに軽率に癒される。

・ぎゅぎゅっとする7ちゃんのかわいらしさは地球を救う。裕翔りんは冷静に考えたらあんなにデカいのになんでこんなにきゅるんきゅるんしているんだ。

・スギルセツナ。これは大丈夫なんだろうか。なにが大丈夫かって、BESTがこんなにもスマートで格好良いところが世間にバレちゃっても大丈夫なんだろうか。しっとりとした大人の格好良さを表現できるBESTの能力の高さが露見しちゃっても大丈夫なんだろうか。

・薮様のお衣装に無駄なひらひらした布をつけた人に豪華なお歳暮贈りたい。とにかく歌唱からダンスから細部に至るまで薮様が格好良い。

・「No more lonely heart」のゅぅゃが良い声すぎて毎度寒気がするレベル。きっとディズニープリンスが画面から飛び出してきたんだ。きっとそうだ。ぜひミュージカルのお仕事やってほしい。

・モテたいコントが普通におもしろい。圭人りんの真面目オモシロカワイイ才能が遺憾なく発揮されている。

・ス・リ・ル。ジャジーですげー格好良い曲。光くんの歌唱にとても合っている。なのに途中からブチ壊されるの最高に楽しい。

・伊野尾さんのプリケツがなまめかしい。

・桜、咲いたよ。BESTのおふざけのあとにガチのストレートなピュアさをぶつけてくる7ちゃんにクラクラする。

 ・School Girl。とにかくはしゃいでるsmartコンもかわいかったけれど、かっちりめの衣装できっちり踊ってくれるこちらも良い。アイドルは笑顔でいるのが一番だなって改めて思い起こさせてくれる曲。

・JUMP=カワイイの図式は定着しているけれど、3人が飛びぬけてちんまりしているのであって、他の5人は普通にお兄さん体型なんですよね。なのに一人残らず隅から隅まで完璧にカワイイ。これを奇跡と言わずしてなんとする。

・切なさ、ひきかえに。これもわりとしっかり踊ってくれている。ソロパートの後ろで踊る他メンバーのシリアスな表情がたまらない。裕翔さんのお美しさをご覧になりまして?

・Go To The Future!。伊野尾さんが衣装似合いすぎていて、なおかつトボけた表情でしれっとキーボードを弾きやがる。伊野尾がカワイイ腹が立つ状態。

・JUMPバンドにも慣れてきて、こういう曲も良いなあとアッサリ寝返る。圭人りんの無表情ギターソロがイケメている。

・FOREVER。最初衣装のゴチャゴチャっぷりに首を傾げたが、見慣れるとそれぞれキャラクターに合ったデザインになっていて楽しい。特効がたくさんでよりKAT-TUN臭が増している。とにかく格好良い。

・裕翔りんのお衣装を考案した人に泣いてひれ伏したい。裕翔りんの腕のなまめかしさが引き立つ半袖+グローブに、裕翔りんが動くたび美しく翻るひらひらした羽織り。素晴らしいの一言である。インナーが短ければ尚良かったけれど、チュニック丈だと裕翔りんの下半身のキュートさが強調されることが判明したのでオーライ。

・裕翔りんのソロでは前記事でも言及した、下々の者たちを見おろすような裕翔りんの最強の表情がたっぷり堪能できる。なんと絶望的に美しい天使さま。それだのに「輝くMorning 包まれるように」の艶っぽさといったら背徳的すぎる。

・最初のソロでは瞳孔カッ開いた狂気の皇帝薮宏太様なのに、その後のソロではただのニコニコおじさんになっている。たまらない。

 ・真紅。ダークな曲調なのにラテンっぽさもあって癖になる曲。それにしても山田さんの歌声のオールマイティっぷりには驚いてばかりである。曲ごとに表情を変えて雰囲気をバッチリ作っていく、まさにグループのセンターとして理想的な歌声。

・メインステージに戻っていくとき、跳ねながらくるりと回り裾を翻らせる裕翔りんの少女性。

・僕はVampire。まさかその衣装のままだとは思わなかった。カラフルな炎が出たり、ドームの天井にコウモリが映ったりするのがトンチキで良い。So Burn! Burn! 破裂しまくってる。

・伊野尾さんにスカートを履かせ帽子を被らせた人に以下略

・ペンライトの演出がこそばゆ過ぎて、果たしてわたしのような完全無欠の喪女がジャニーズのコンサートに行けるのかどうかますます不安になってきた。

・AinoArika。ほっぺチューからのおんぶからのハイタッチな山田さんと裕翔りんはどこの泣ける深夜アニメですか。それを見てニコニコ笑うメンバーたちまで含めて流れがあまりにも完璧すぎてクサすぎて、ちょっとアニメ全体のバランスが崩れちゃうんじゃないですかね。あれ?これ三次元だった?三次元は二次元よりも奇なり。

 ・それにしてもいい歌だ。

・スクール革命。ラストはいつもこの曲なのだろうか、JUMPちゃんらしくポップに終わるのとても良い。

・伊野尾さんと有岡さんはほんとうに仲良しなんだなあ。男子大学生ノリでほほえましい。

・知念さんの髪をくしゃっとする薮様にきゅんとした。とてもカワイイのでもっとこの二人の絡みが見たい。

 

総括。はじめて見たジャニーズのコンサートは麻薬のような楽しさでまさに胸がいっぱいである。「なんだこれは?!」というトンチキさすらスパイスに、カワイイもカッコイイも美しいもおもしろいも自分たちのものにしてくJUMPちゃん。全身全霊で歌い踊るまっすぐなアイドルJUMPちゃん。

JUMPの特徴はなんといっても9人という大所帯。もちろんそれがフォーメーションダンスなどに活かされているということは新規ながら重々承知していたが、このDVDを見て、個性のバリエーションという面でも強みがあるなあと感じた。得意とする武器が重なり合いつつそれぞれ違っているために、メインメンバーを変えることでガラッと雰囲気の違う曲も無理なく表現することができる。そしてその中心には常に、何にでもなれるオールマイティアイドル山田涼介さんがいる。これぞ究極のアイドルグループ。天下を取って然るべきアイドルグループである。

Hey!Say!JUMPの輝かしい未来に乾杯!