読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズアイドルに歌ってほしいあの高樹詞この高樹節~堀込高樹作詞トニセン曲「不惑」発表に寄せて~

 

とんでもないニュースが飛び込んできた。

V6新作、トニセン曲はKIRINJI堀込高樹が作詞の「不惑」 - 音楽ナタリー

 

あの高樹が、男性アイドルの、ジャニーズの、V6の、トニセンの作詞をやるだって???!!!?!?!?!?!?!!?

 

神はわたしをお見捨てにならなかった!

生きているうちにこのような恵みにあずかることができようとは。

なんたる幸福!なんたる奇跡!

わたしはスマホを強く握りしめながら、事務所だとか、レーベルだとか、とにかくわたしの知りえぬ大いなる力に感謝した。

 

まるで熱心なファンでもないくせにこんなことを言うとお叱りを受けるであろうが、わたしは堀込高樹の作る音楽と詞を信仰している。

いやそもそも堀込高樹とは何者か。

堀込高樹は1996年から2013年春まで弟・堀込泰行キリンジとして活動した。現在はKIRINJIと改め6人組バンドを結成している。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

以上はキリンジ時代(兄弟時代)の楽曲である。兄弟ともに作詞・作曲・歌唱を手がけていたが、なかでも兄の曲を弟が歌うスタイルには定評があった。

多様な音楽性を見せる高樹の作風をおそれおおくもひとことで表すとするならば、「偏屈」である。

ぞくぞくするほどトリッキーな音運び、それでいてこのうえなく甘美なメロディーライン。

そこに小気味よく乗せられる、ひねくれた文学性に満ち満ちた歌詞。

わたしはとりわけ大学時代、キリンジの曲を聴きまくった。とにかく四六時中キリンジばかり聴いていた。

英雄的でなく、幻想的でない偏屈的な恍惚は、当時のわたしの求める最上の快感であった。

 

しかしまもなく弟・ヤスの脱退が発表され、埋められぬ寂しさを抱えつつネットを徘徊していたわたしは、気になっていたNONA REEVESの名前からこのインタビューにたどり着くことになる。

V6「kEEP oN.」西寺郷太&corin.インタビュー (1/4) - 音楽ナタリー Power Push

Sexy.Honey.Bunny!」「kEEP oN.」を手がけた「にしこりコンビ」。V6再ブレイクの立役者として、この二人の名前を知らないファンはいないだろう。

この記事そのものがアイドル音楽への愛に満ちた名インタビューであるが、わたしが驚いたのは冒頭で西寺さんが語っているこの箇所である。

そもそもイノッチってキリンジとかTRICERATOPSとかノーナとか、ま、あえて言うけど“通”が聴くような音楽にものすごく詳しくて。

ほう、と興味を持ったわたしはセクバニを聴いてその名曲っぷりに度肝を抜かれ、キーポンの奇曲っぷりに混乱し、イノッチ=井ノ原快彦=あさイチのアナウンサーだと思っていた人、ということに気づいてさらに動揺した。

そのうえ追い打ちをかけたのは、西寺さんのラジオ「TAMAGO RADIO」にイノッチがゲスト出演した際、披露された弾き語りである。

なんという上質な歌声!なんという繊細な技巧!

このように品の良い歌唱をするジャニーズがこの世に存在したとは。しかも、あの「あさイチの素朴な顔の人」が!*1

どうにもジャニーズの歌唱に苦手意識の強かったわたしが、ものの見事に心臓をブチ抜かれてしまった瞬間であった。

このことがきっかけでわたしは不用意にもジャニーズの岸辺にうっかり近寄ってしまい、果てにはメジャーアイドルという大海にぽうんと投げ出されてしまうことになったのである。

 

ところで、これまでに高樹とジャニーズに全く接点がなかったわけではない。

高樹は過去に二曲、SMAPに作曲提供しており、『BIRDMAN』に収録の「idea」、そして『S map』に収録の「愛の灯 〜君とメリークリスマス〜」がそれである。

両曲ともにファンが聴けば「めっ、めっ高樹~~~!!!」と叫びたくなることうけあいの複雑怪奇なメロディーラインが特徴である。

そのせいか(特に後者は)やたら木村さんのソロパートが目立ち、また吾郎ちゃんのダンスはたいへん窮屈そうな仕上がりとなっている。*2

残念ながら作詞は手がけていないであろうが無理もない、絶頂期のSMAPが歌うには高樹詞は不穏すぎる。

この二曲で高樹はメジャーアイドルへの楽曲提供に限界を感じたのであろうか、その後ジャニーズとの縁は途絶えてしまった。

またどこかしらのインタビュー記事で、インタビュアーが楽曲提供について水を向けたものの、アイドル楽曲との相性の悪さを口にしていたこともあった。

 

まあそんなわけで、盲目的な高樹信者であり、V6とイノッチをジャニーズ音楽の入り口としたわたしが(あるいはジャニーズとキリンジの兼オタの皆さんが)、今回のことに乱舞しないわけがない。

半ば諦めの気持ちでいたことが、ついに実現した!しかも今回は作詞提供、高樹の男性アイドル観を見ることのできる初めての機会なのである。

2016年5月9日現在、わたしたちが知りうるのは「不惑」という曲タイトルのみであるが、もう、これだけで高樹ファンは垂涎ものである。

不惑」!ジャニーズアイドルの楽曲で「不惑」って!!もう最高!!既に最高!!高樹最高!!という狂いっぷり。

その溢れんばかりの「高樹感」を受けとめ、自分のものとして昇華しきれるジャニーズアイドルなんて、イノッチを擁するトニセンのほかにはないのである。

 

と、「不惑」への期待をはちきれんばかりに抱え込んでいる現在なのであるが、ここまではあくまで長ったらしい前置きにすぎない。

この記事でやりたいのは要するに、大好きなジャニーズに歌ってほしい大好きな高樹詞はこれだ!!!という安易な妄想大会である。

これはジャニーズにはまった当初からわたしの脳内を占有していたが、思ったより早くこのような絶好の機会が訪れてしまったため、ここいらで一丁チキチキ暴露大会を催してしまおうという趣向だ。

そのなかで高樹詞の世界観を端的に言い表してしまうことには抵抗があるのだけれども、そんなみみっちいことをほざいていては紹介のしようがないので、どうか主観的な解釈として受け流していただきたい。

誰が楽しいかって、ほかでもなく、わたしが楽しい。

 

 

SMAP 「涙のマネーロンダリング

珍しくわりとストレートなロック調、だが内容は、若い女(おそらく水商売)に貢ぐ男の純愛の歌。

「欲しいものをあげる 飽きるまで何度も それを『愛ではない』なんて言わせない」とSMAPおじさんたちに歌わせたら、なんという説得力!

「フェイクファーに埋もれた柔らかな頬 守りたいだけさ」という印象的なパートは木村さんにゴージャスに歌唱してほしい。

稲垣吾郎「メスとコスメ」

その昔フィッシュマンズの佐藤さんにソロ曲を作ってもらうこじらせっぷりを発揮していた吾郎ちゃん、きっと高樹曲も歌いこなしてくれるに違いない。

簡単に言ってしまえば再会した元恋人が整形していたみたいな歌なんですけども。

「きっとなればいい 君はなればいい 君のなりたい”本当”になればいい」みたいな、女の欲求に同情するような視線を投げかけるところ、吾郎ちゃんに演じてほしい。

 

TOKIO「繁華街」

(※高樹ではなくヤスの作詞作曲であるとのご指摘がありました。浅はかな知識であるばっかりに、ご不快に思われたかたがた本当に申し訳ございません!恥を知りやがれ!)

古風でムーディーなサウンドに、しっくりと静かなメロディーライン、「珠玉の街」で始まるサビが美しい曲。

正直に言います、昭和の男・城島リーダーのイメージです。

「俺は傘を欠いたまま 在るだけの噂を買い占め 夜更けへ挑む」なんていうハードボイルド、リーダーにぴったりとしか言いようがない。

 松岡昌宏「ONNA DARAKE!」

六人体制のKIRINJIになってからの楽曲。

ドラマーの楠さんが歌唱しているからというのもあるけれども、みんなマボに「OTOKODOMOは何してるのか」って怒られたいでしょう?

リーダーやぐっさんの「チッチカー」も聴きたい。

 

▼V6「都市鉱山

奇曲まみれのキリンジのなかでもとりわけ珍奇な一曲。

タイトル通り都市鉱山がテーマ。

ライブではテンション爆上げ曲。ダンス映えもしそうだし、この前衛的なサウンドを表現できるのはキーポンを我が物としたV6兄さんしか考えられない。

高樹史上最高にキレた歌詞「いらなくなったPCおくれよ はずかしい画像は消したか?」はぜひ三宅さんに歌ってほしいなあ。

最後の元素記号連呼するところも、アイドル現場でやったらめちゃくちゃ楽しいだろうなあ。ホルミウムタンタル!ランタン イッテルビウム

▼井ノ原快彦「ハピネス」

本事件の中心人物ことイノッチには、既婚者が女という生き物をしずかに哀れむこの歌詞を。

ゆったりとして洒落たサウンドも彼の声質にぴったりかと。妄想でなくわりと本気で実現してほしい。

「知るかよ!」「笑わせるなっつうの!」の名フレーズをしっとりと歌い上げてほしいし、「ハピネスはピンクのシャンパンの泡のようなものだと君は信じてるの?」なんて見下してほしい。

 

Kinki Kids「いつも可愛い」

シティ・ポップの寵児ことキンキ先輩がキリンジを歌って楽しくないわけがない。

とはいえ声質の問題でなかなか選曲が難しいが、このゲンズブールふうのねっとりとした曲調はしっくりくるのではないだろうか。

ふわふわと甘いメロディーラインにあだめいた歌詞、サビの美しいハモリなどもおあつらえ向きである。

「甘い夢だけ見ていたいね 二人のときは」と意味深に歌唱してほしい。

 

▼嵐「千年紀末に降る雪は」

これは以前からかなり推してる組み合わせ。

若者代表・嵐さんもそろそろ男の寂寥感を表現する段階にきていると思う。

サンタクロース=与える人の孤独にそっと寄り添うような、高樹の詞のなかでも文学性の強いクリスマス・ソング

「恋人はサンタクロース 意外と背は低い」「『ごらん、神々を祭りあげた歌も、貶める言葉も今は尽きた。』」「君が待つのは世界の良い子の手紙 君の暖炉の火を守る人はいない」なんて、今やアイドル界において不動の人気を誇る嵐さんと重ね合わせることで、またこの詞の奥行きが増すように思う。

 

タッキー&翼「エトワール」

代表的な曲調がキリンジとかけ離れているために選曲が難しいがこの曲で。

初期のプロデューサーである冨田恵一さんのアルバムに収録されている。

映画のイメージソングということもあってストリングスのドラマティックな展開が印象的、タイトル通りバレリーナを主題としている。

「愛を囁きあうパ・ド・ドゥ踊れ」「影さえも裁ち切るピルエット回れ」なんて歌詞はどこかトンチキさもあって、滝翼の得意分野ではないだろうか。

 

▼NEWS「ブラインドタッチの織姫」

実際のファン層はもうすこし若いのかもしれないが、NEWSさん自身(特にコヤシゲ)に何故だかイマドキOL感が漂っているので、この選曲。

「善男善女が競う恋の技 君は腕だめしに気遅れて…」と寄り添っておきながら、サビで軽率にチューしようとするどうしようもないチャラさとか、NEWSさんの十八番・ワンナイトラブを感じる。

いっぽうで「この星は青くて丸い屑籠」なんてマクロ目線が入るトンチキさはアイドルソングみがあって楽しい。

シゲアキ先生もキリンジ好きを公言しているんですよね。好きな曲とか知りたい。

 

関ジャニ∞「奴のシャツ」

高樹自身、若干やりすぎたと反省している程度にやりすぎた歌詞。

「ボタンを掛け違えたまま大人に」なってふらふらと生きているどうしようもない男の歌なのだが、やさぐれ男を歌わせてエイト兄さんの右に出るものはいないであろう。

やさぐれた大倉さんあたりに「姪が歯医者に行くので付き合」ってほしいし、やさぐれた丸山さんあたりに「そうさ遺産があればしばらくしのげる」と呟いてほしいし、やさぐれたすばるさんあたりに「親父の通夜で絡まれ」てほしい(?)。

 

KAT-TUN「悪玉」

一貫してスタイリッシュでかっこいいヒールを演じてきたKAT-TUN、そろそろダサくてかっこわるいヒールも歌ってもらえるんじゃないだろうか。

「ギリギリでいつも生きていたい」とデビューした彼らが「捨て身の奴に負けはしない 守るべきものが俺にはあるんだ」と歌ったらばものすごいカタルシス。

それにさ、上田さんはボクシングやってるからな(それが言いたかっただけ)。中丸さんの歌声は高樹詞と最も相性が良いと思う。

「マイク寄越せ早く!」とわちゃわちゃしあうのも想像できていいね、アイドルっぽい。

田口淳之介「イカロスの末裔」

デリカシーがなくてたいへん申し訳ないのだがこれだけは削れなかった。

脱退を発表する前からずと考えていたんですけれど、キリンジにしては陽気で軽やかな曲調にかわいらしくも皮肉のきいた歌詞が乗っかったこの曲。

あのどうしようもなくふわふわとした微笑みを浮かべながら「キスを見舞うぜベイビー」「パンツは脱いじゃダメ」「林檎が腐ってなければいいね」なんていちいち語尾に♪マークをつけてイラッとするような感じで歌ってほしい。

今となって改めて歌詞を見ると図らずも「これで浮世と暫しのお別れさ」「遠くまで行けるかな 堕ちるすべなら皆心得てる」なんかが刺さる。

 

▼Hey!Say!JUMP「今日も誰かの誕生日」

ライムスターの宇多丸師匠がSMAPに歌ってほしいと言っていたこの曲であるが、この真っ当さとキラキラ感はJUMPに最も相応しいのではないだろうかと思う。

なんならパート割とかも考えてる気色の悪いレベル。

かわいいかわいいJUMPちゃんたちがお誕生日パーティーを開くMVでよろしく。

あえていうなら「世界は憂鬱 いつでも残酷」は知念さんに、「だけど今夜は最高」は有岡さんに、「あなたが優しく蝋燭を吹き消せば」は薮様に歌ってほしいかな。

▼中島裕翔「わたしの青い空」

裕翔りんを好きになったきっかけって実をいうと、藤井隆さんに声質が似ているなあと思ったところからなわけで、まあわたしの都合の良い耳のせいであって実際はそんなに似てないのだけれども、とにかく藤井ちゃんの曲はまるっとすべて裕翔りんに歌ってほしい。

高樹が藤井ちゃんに提供してる曲は4曲(うち1曲は作曲のみ)あって、迷うけれどやっぱりこれかな。

この素晴らしい曲と素晴らしいMVを、無表情で低体温に再現してほしい。それはそれは奇妙で愉快でお美しいのだろうなあ。

裕翔りんに「卒業 誕生日 迎えるたび君の値打ち下がるなんて 馬鹿だな」なんて歌われるその想像だけで軽く昇天できる。

いやでも藤井ちゃん曲だったら「未確認飛行体」もアイドル裕翔りんにぴったりの曲だしなんなら高樹全然関係ないけど「OH MY JULIET!」はわりと本気でカヴァーしてほしい。

▼伊野尾慧「かどわかされて」

これも以前からツイッターでわりとうるさく言っているんですが、サビの「かどわかされた他愛のない審美眼 甘い誘惑 溜息まじり あばずれの毒(プワゾン)」だけでもうめちゃくちゃ伊野尾さん。

伊野尾慧の魅力にかどわかされる人が後を絶たない現在、この曲をなんでもないように、鼻歌みたいにさりげなく歌ってほしい。

 

Kis-my-Ft2「Golden harvest」

高樹自身が自画自賛するできばえのこの曲、とにかくコード進行とメロディーラインが難解すぎるが、歌詞は比較的ポジティブで爽やか、かつ詩的で美しい。

「明日になったらきっと誰もが君の正しさに頷くだろう」「実りの季節にきっと誰もが讃えるだろう君のsuccess」なんてちょっと強い歌詞も、キスマイにはそのくらいのストレートさが合う。

 

Sexy Zone「君の胸に抱かれたい」

www.youtube.com

(※心臓の弱いかたはいろんな意味でお気をつけて視聴ください。)

高樹にしては珍しいハッピーソングかと思いきやそう一筋縄にもいかないんですけれども、「君をこの腕でつつみたいんだ」と歌った直後「君のその胸に抱かれたい」とくるその矛盾はSexy Zoneっぽいなあと。

「君は泣くふりも素敵だ 姿のいいひとよ」なんてマリウスちゃんに歌われたらどんな感情になったらよいのかわからない。

中島健人「十四時過ぎのカゲロウ」

水泳部員をテーマにした爽やかな一曲だが、「水辺の生き物だから陸では生きてゆけない気がしている」でふと浮かんだのがおケンティーさんであった。

おケンティーさんのアイドル道というのはどこかスポーツ選手のようなストイックさすら感じさせるところがあるのが恐ろしい。

「欲しいものは見えている」なんていう意志の強さも。

 

A.B.C-Z「自棄っぱちオプティミスト

A.B.C-Zの明るくポップでアイドルらしい持ち歌がとても好きなんですけれども、この曲くらいの脱力感あるポジティブさも楽しそう。

えびさんたちが住宅街とかのなんでもない通りをふらふら歩きながら「この町の景色をもっと君が愛したのなら世界は変わる」なんてのんびり歌うMVが浮かんでくる。

「流れ星を見逃しても」「昨日の涙はstar dust」なんていう星モチーフが多いのもぴったり。

 

ジャニーズWEST「クレゾールの魔法」

病院で出会った風邪ひきの女性(という妄想)にフェチを感じている、高樹お得意の変態歌詞。

洒落たピアノ伴奏がかえって腹立たしいのだが、ラジオ等でなんともいえない誰得な妄想をたびたび披露しているWESTさんにニヤニヤしながら歌ってほしい。

「同じ薬で同じ症状だと知って 洟すすりあうも多生の縁」なんてまじで意味わかんないけどWESTさんが歌ったら絶対楽しい。

最後の「風邪引きの女性は美し すぎる!」のところはライブでみんな揃って叫びたいよね。

中間淳太「ロマンティック街道」

以前WESTに歌ってほしい曲アンケートみたいなのをやっていて、これを投票して浮きまくっていたのはわたしです。

周りが続々結婚してる、はやく結婚したい、なんて年中ぼやいている系アイドルお淳太さまにこの曲を、とはいえ結婚までに実らなかった恋の歌なんだけれども。

「孔雀のように誇らしく生きてゆきたい」に夢抱きの衣装を連想したなんてそんなことはない。たぶん。

 

▼すべてのシンメに「耳をうずめて」

高樹詞のなかでも難解を極めるこの曲、キリンジすなわち堀込兄弟のことを歌っているとする解釈が一般的。

ひとりがふたりになる、その出会いを極めて静かに、低い体温で歌ったものであるが、普遍的なシンメソングですらある。

「僕ら音楽に愛されてる、そう思うのか?」なんていうドキッとするような問いかけを、すべてのシンメたちは、そしてシンメを持たないアイドルたちは常にどこかへ投げかけ続けているのだろうなあ。

 

 

ああ、楽しかった~~~~~!!!!!!!!!

好きなものと好きなものを組み合わせるのってほんと楽しい!オタクやっててよかった!

こんなしょうもない記事ですが、ちょっとでも堀込高樹の音楽に興味を持ってくださった皆さん、ここで紹介しているのは名曲の数々のほんの一部分であるからして、ぜひいろいろと聴いてみていただきたい。

ともあれ「不惑」、とってもとっても楽しみにしています!

*1:各方面にお詫びします。

*2:わたしはダンスのあまりお上手でない吾郎ちゃんが大大大好きである。